大噴火

夢を見た


天気予報によると当分夏空が続くとのこと。

窓を開けると、どんよりと青黒い雲が垂れ込めて、丘の向こうは霧で何も見えない。

晴れてるはずなのに、この天気は何なのだろう。

記録に納めようとカバンの中からカメラを取りだして再び空を見ると、空はますます暗くなっている。

丘の稜線の向こうから赤黒い噴煙がもくもくとわき出して来た。

噴煙は赤い火の粉を巻き込みながら上空へ上っていくが、途中で何かにつかえたかのように横に広がり始めた。

風がびゅうびゅうと激しくなり雨戸がバタバタと音を立てている。
[PR]
by waldo_pepper | 2010-07-20 12:21 | 昨夜見た夢
<< 卒業制作 政治家になった >>