あらたな設備投資

仕事で使っているPCとソフトがかなり古くなって限界に近くなってきました。
現在は3DCGをWin、PhotoshopやAfterEffectsなどをMacで行っています。

WindowsPCは2001年製の今は亡きCOMPAQ
3DCGソフトも今は亡きSoftimage/3D
どちらもとっくに補償期間もサポートも終了しているので、何かあったときに対処できません。

Macは以前使っていたiMacが故障したため、急遽購入したMacmini1台きり、アドビソフトはCS3なのでまだ使えますが、Macの性能が追いつきません。

そこで一念発起して設備を一新することにしました。
まず3DCGソフトもMac版に買い換えて仕事環境をMacで統一する。
ソフトは当初Mayaを考えていたのですが、50万円は高すぎるしオーバースペック。
そこでグレードを下げてLightwave3Dv9.6にしました。自分の仕事の範疇から言って性能的には充分です。
これが次期バージョン発売前ということで11万がたったの6.5万円。
Mayaより一ケタ安価です。
故障して放置していたiMacを修理に出し、もし治るようなら使い続け、ダメなら最新のiMacを導入します。

その他追加モニタやHDDもろもろ加えて現在の所
モニタ2.8万
HDD2.2万
スピーカ1.1万
ソフト6.5万
で合計12.6万

これにiMacをあらたに購入したとしても+15万で27.6万。
なんとか仕事で元を取れそうなギリギリの数字です。

今後仕事が上向けばMayaの導入も・・・。
[PR]
by waldo_pepper | 2010-09-17 11:03 | 写真と動画日記
<< 長年続けてた他ブログを閉鎖した 卒業制作 >>