「ほっ」と。キャンペーン

「アイランド」ユアン・マクレガー&スカーレット・ヨハンソン

マイケル・ベイ監督「アイランド」を観た。
近未来、、代替臓器などの「部品取り」用としてクライアントの完全なクローンを「飼育」している巨大企業があった。飼育されているクローンは、嘘の記憶を植え付けられ、コロニーで暮らし、必要が生じると「抽選に当たりました」といわれて皆に祝福されながら「楽園」へと旅立っていく。しかしその楽園とは・・・というお話。
悪名高い「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ監督作。シネマレビューの評価も高くない、興行成績も不振だったということで全く期待しないで観た。
しかしこれが意外な掘り出し物であった。
統一された美しく壮大な美術セット、ユアンとスカーレットも魅力的、何よりも脚本がしっかりしていて飽きさせない、どんでん返しもある。
まあベイ監督お得意の派手な破壊&カーアクションも満載で、ここだけ別の映画を観ているようだったが、これはこれでよいのではないかと思った。
けちをつけるとすれば、巨大企業の総帥がわかりやすい悪役顔なのと、こんな巨大なコロニーを維持しながら利益を上げられるほどのビジネスモデルなのかという疑問も多少残るけどね。
みんなのシネマレビュー
IMDb
f0011272_3564783.jpg
f0011272_15475441.jpg

[PR]
by waldo_pepper | 2005-12-20 04:03 | 映画の感想
<< 「ポーラー・エクスプレス」と”... 彼女を駅まで送る筈が・・・ >>