短い夢をいくつか

昨夜観た夢

長くビジュアルが強烈な夢だったのだが、断片しか記憶に残っていない


その1
僕はテロリストになっていて、アルカイダのメンバーになる。
その時、敵(米国?イスラエル?)から核ミサイルがアルカイダのアジトに打ち込まれる。
僕だけがそれが核ミサイルだとわかっているので、とっさに物陰に伏せた。
するとものすごい閃光と爆風が襲ってきて、伏せているにもかかわらず、僕の服が燃え出して、体中がヒリヒリと痛んだ。ほかのメンバー達は皆跡形もなくなってしまった。


その2
学生時代の友人Y子ちゃんは、実は人間ではなかった。
彼女はどうやらロボットのようなのだが、いつの間にか感情が芽生え、外見も人間と同じなので、そのまま人間社会に溶け込んで暮らしている。
しかしロボットなので、歳を取ることもなく、病気にもならない。
その秘密を僕だけが知ってしまった。
彼女は誰にも言わないでくれという。
彼女の瞳をよく見ると、猫のように縦長だった。


その3
健康診断で、僕の体に異常が見つかった。
入院して精密検査、そして、おそらく手術をしなければならない。
僕はどこかの百貨店にある飲食店の厨房で働いているが、そこも休むことになった。
厨房のボスはローレンス・フィッシュバーン だ。
彼は僕に「必ず戻って来い」と言った。
僕は頷いて職場を後にした。


その4
宮崎駿が昔作ったというアニメが発見されて、それを見ている。
欧州の名作文学が原作のようだが、宮崎テイストに脚色されているらしい。
そのオープニングをボンヤリと観ていた。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-04-30 05:03 | 昨夜見た夢
<< 禁酒と禁煙 ブラック・ジャックの決断 >>