久しぶりに観たすごい夢

夢日記にちょっと飽きてしまって書かないでいたのだが、昨夜とんでもない夢を観たので書いておこう。


今は近未来なのか、ちょっと現代とは違う時代。
ある場所に凶悪犯罪者の脳が保管されている。
どんな犯罪かわからないが、社会にきわめて重大な被害をもたらす犯罪を犯したらしい。
死刑が廃止されたため、殺すことが出来ないが、肉体は廃棄されて、脳だけが人工的に特殊な液体の中で生かされている。

この犯罪者はとてつもない知能を持っていて、どのような牢獄に入れても必ず脱走してしまい、再び恐ろしい犯罪を犯す恐れがあるため、このような措置が取られた。

この脳が保管されている施設に、この犯罪者に恨みを持つ男が侵入した。
男は脳を管理しているコンピュータを操作して、犯罪者の脳からあらゆる情報を消し去る指令を出した。
HDDの中身が初期化されるように、脳にたくわえられたあらゆる記憶や知識が強制的に消去される。
どうなるかというと、意識はあるのだが、彼が人生で得てきたあらゆる経験や記憶、知識がなくなってしまう。
つまり廃人状態にされてしまう。

操作が完了し、男の脳からあらゆる情報が消去された。

ところが、何かの間違いか、今度はコンピュータを通じて男の脳に情報が逆流し始めたのだ。
コンピュータから繋がるインターネット上にあるあらゆる情報が、男の脳に集積され始めた。
侵入者はあわててコンピュータを止めようとしたが、一切の指令を受け付けなくなっている。
なんと、この犯罪者の脳は、コンピュータを支配していたのだ。

犯罪者はこのコンピュータを通じてあらゆる知識を得、コンピュータネットワークを支配することが出来るようになってしまった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-06-08 23:43 | 昨夜見た夢
<< 次の南海地震は巨大型か 地層に... 震源域「静穏化」範囲広がる=東... >>