思考するだけでロボットを動かす技術をHONDAが開発!

 人が体を動かす脳活動パターンを解読し、脳の指令通りにロボットを動かす技術を開発した
と、本田技研工業の子会社と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が24日発表した。
脳に電極を埋め込んだり、特殊な訓練をすることなく、自然な脳活動を解読してロボットを操作
する技術は世界で初めて。
 体が不自由な人の動作を代行するロボットや、パソコンのキーボードを代わりに打つロボット
などの開発につなげたいという。

 研究チームは、機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で脳の血流変化を測定し、脳のどの
部分が活動しているかを調べた。そのデータがどんな動作を表すかを解析して、脳の指令通り
にロボットを動かす。
 じゃんけんのグー、チョキ、パーを交互に出し続ける実験では、85%の正答率でロボットの
手を動かすことができた。

 現状では、血流変化の測定などに時間がかかるため、ロボットの動きが約7秒遅れる。また、
人が装置の中で横になる必要がある。このため、頭に着けて瞬時に測定できる装置の研究も
始めたという。

 両社は「人と機械をつなぐ、まったく新しい技術」と位置づけており、「ホンダ・リサーチ・
インスティチュート・ジャパン」の川鍋智彦社長は「5~10年以内にロボット『ASIMO』を以心
伝心で動かすのが目標。脳活動の解析は、車の安全技術にも生かせる」と話す。

 一方、脳活動という「個人情報」を刻々と解析できる技術の開発には倫理上の懸念もある。
川人光男ATR脳情報研究所長は「こうした技術は軍事利用もできる。社会のルール作りが
不可欠で、議論の場となる研究会を発足させた」と説明している。

引用元

常々思っているのだが、ここ数年、SFの世界を現実が追い越し始めた。
それは科学技術面でも、自然環境の破壊の面でもだが。

この技術のキモは、「電極を埋め込んだり、特殊な訓練がいらない」ということ。
思考をロボットの動きに反映するというのはSFではよくあるネタだが、電極を差し込むというディティールはもはや古い発想になってしまった。マトリックスなんてそうだが。
あと10~20年でロボット技術が進歩して、世の中が物凄く変わる気がする。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-07-25 19:07 | ニュース
<< 「ジャーヘッド」 小泉総理がサミットでダジャレ連発 >>