日本を脱出?

今朝見た夢

日本に大きな危機が、「何か」がこちらに迫っている。
天変地異なのか、未知の外敵なのか、よくわからない。

僕の住んでいる街は、逃げ出せる者は皆、荷物をまとめ、脱出するようだ。
戻ってこれるのは、おそらく数十年後。
病人や年寄りなど、旅に足手まといになりそうな者は置き去りにされる。

僕は家族と一緒に脱出組の地域のリーダーのもとに集まった。
これから長く歩いて、港から船に乗るようだ。
しかし全員が乗れるわけではなく、このなかから、生き残るに値する者だけが、更に選抜される。

僕の列の前にいた友人達は、審査から漏れたようだ。
彼らはとぼとぼと、帰っていく。

僕と母、姉は合格した。
出発前に、少し時間が出来たので、実家に戻った。
街は静まり返っている。
もう少数残った人々以外、誰もいない。
行政も機能を失っていて、無政府状態になっている。
僕は、取り残した荷物をバッグに詰めると、全ての雨戸を閉め、電化製品のコンセントを抜いた。
こんなことをしても、戻ってこれるかどうかもわからないし、おそらく誰かに侵入され、略奪されてしまうだろう。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-09-06 05:59 | 昨夜見た夢
<< 「結婚できない男」最終回 ①宝石海岸 ②深い霧に覆われま... >>