仲の良い野良ネコと

今朝観た夢 その1

僕はこのままひとりで生きていくことになりそうだった。
ひとりではさみしいので、仲良くしている野良ネコの”チコ”と”みるく”を、家ネコとして迎え入れようと思った。

僕が玄関で彼らを呼ぶと、グレーのチコが寄って来て頬擦りしてくれた。
僕はチコを抱き寄せると暫くじゃれあった。
すると白地に茶ブチのみるくが来てそばにちょこんと座った。
ひとしきりスキンシップを終えると、僕はチコに言った。
「チコもみるくもさ、今度から家の中においで。もう寒い外に出なくていいよ」
すると、チコから意外な答えが返ってきた。
「うん、とても気持ちは嬉しいんだけど・・・」
言葉を濁すチコの後をみるくが続けた。
「チコちゃんも僕も、広い世界で走り回ってるのが好きなんだ」
「そうか・・・」僕はとてもがっかりした。喜んでくれるとばかり思っていたのに。
僕は気を取り直して言った。
「じゃあいつでも家の中に入れるようにしておくから、遠慮なく遊びにおいでよ」

※チコとみるくというのは、いつも寄っているネコ写真掲示板の人気者のネコです。
二匹とも女の子ですが、夢の中では「僕」と言っていました。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-01-10 06:09 | 昨夜見た夢
<< ボビー・バレンタインの華麗なる特訓 「チーム☆アメリカ ワールドポリス」 >>