ひとりで帰ろうとすると・・・

昨日見た夢

山の上にある学校か会社か・・・わからないが、そこへ行って何かの手続きをしている。

そこには前の会社や学生時代の知り合いが大勢いるが、僕はあまり交流したくなかったので、皆に見つからないように伏し目がちにして、手続きを終えると早く帰ろうと思っていた。

書類を提出して、正面ロビーから外に出ようと足早に歩いていると、最初にいた会社の同僚A子ちゃんが、僕を見つけて駆け寄ってきた。

「ダメだよひとりで帰っちゃ」といって彼女は僕の腕を掴んだ。

彼女とはもう10年以上連絡を取っていなかったのだが、僕を覚えていてくれたらしい。

僕は「あ、どうも久しぶり」とどきまぎしながら挨拶した。

すると「他の子もいるから、一緒に帰ろう」と僕をみんなのいる方へ引っ張った。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-10-31 01:19 | 昨夜見た夢
<< 突然思い出したメロディ 富士山も冠雪 >>