大学生に戻った夢

f0011272_2315779.jpg


かつて通っていた大学に戻っている。

どうやら落第し続けていて、まだ卒業できていないようだ。

同級生は皆卒業してしまった。

もう学内に誰も知り合いは居ない。

しょんぼりとキャンパス内をうろついていると、通りすがりの新入生と知り合いになった。

彼はブログをやっていて映画批評を書いているらしい。

「映画の批評って書くの難しいよね。僕も自分のブログで書いてるんだけど、全然うまく書けなくて」と言うと、彼はちょっと驚いて「いえ、難しくないです。書きたいことが山ほどあって書ききれないくらい」と言う。

僕はちょっとぎょっとして「そ、そうかぁ。それは君の洞察力が優れているからなんだろうね。僕はそう言う才能がないから全然だめだなあ。あはは」とごまかした。

言い終わると激しい劣等感が襲ってきた。

「君は将来どんな職業に就きたいの?」となんとか先輩面をして聞いてみると「映画監督になりたいんです」と言う。

「そうか、それなら映画研究会に入ると良いよ。同じ世界を目指す人と一緒に自主映画を沢山作って経験と人脈づくりをするんだ」と言ってみた。

すると彼は「そうですか、アドバイスありがとうございます!」とうれしそうだった。

彼と別れると、もう日が暮れてきているのに気がついた。

そういえば教室に忘れ物をしてきた。

まだ教室は開いているだろうか。

あっという間にあたりは真っ暗になった。

停電でもないのに夜目が効かず何も見えなくなってしまった。

必死に目をこらして壁づたいに教室に戻った。

バッグと財布、カメラを忘れてきていたのだ。盗まれずにそのまま置いてありホッとした。

帰り際、大学の事務の女性に「忘れ物をしたので・・・」と言い訳の挨拶をした。

彼女は笑って「気をつけてね」と言った。

さりげないやさしさに彼女をとても愛おしく感じてしまい、デートにさそってしまおうか、などという考えが浮かんできた。
[PR]
by waldo_pepper | 2008-05-21 02:33 | 昨夜見た夢
<< 黒 逮捕 >>