「ほっ」と。キャンペーン

国仲涼子主演作「みんな昔は子供だった」

みんな昔は子供だった オリジナル・サウンドトラック
服部隆之 TVサントラ / インペリアルレコード
スコア選択: ★★★★★



これは今年の1月にフジテレビ系で放送された「みんな昔は子供だった」というドラマのサントラです。
主演は国仲涼子さん。
東京から訳あって山村の分校にやってきた国仲涼子さん演じるアイ子先生が、子供たちや分校の先生たちと触れ合ってお互い成長していくという物語。
昨年「ちゅらさん」ショックを受けてから彼女が今どんな活躍をするのか気になっていたので、民放初主演ということもあり、期待して観ました。

ところがこれが残念ながら物語自体の出来がどうにも悪くて、涼子さんは頑張ったのに残念な結果になってしまった。
視聴率は10%位だったと思うが、ドラマの内容を考えれば善戦したと思ったのでした。

しかし、このドラマの音楽が実に印象的で素晴らしく、僕はサントラを買ってしまいました。
連続ドラマの劇判など、そのまま消えていくものが多いと思うのだが、このドラマの音楽は本当に丁寧で美しい音楽でした。
何よりもこのジャケットのピンクのカーディガンを着たアイ子先生。
自分の記憶にある小学校の先生のイメージに近い。先生ってピンクのカーディガンを着ていなかったですか?
といってもドラマ本編の中では髪もアップにしていてカーディガン姿は無かったのですが。

今もTVを観ていると、民放、NHK関係なくこのドラマの音楽がよく使われています。
これはレンタルでもおそらく置いていないので気軽に聴けないと思いますが、本当にお勧めです。
[PR]
by waldo_pepper | 2005-12-07 21:22 | ライフログ
<< 今朝の富士山 見知らぬ団地に住んでいる僕 >>