自分だけが授業で落第しました

今朝観た夢

漢文の授業で先生に指名された。
質問の答えがわからずに戸惑っていると、先生は漢和辞典のあるページを教えてくれた。
「ここに書いてある一文が答えです。読んでみなさい」

僕はそのページを開いて途中まで読んだ。
が、その時風が吹いてきてページがめくれてしまった。
僕はさっきのページを開こうとしたが、見つからない。
焦って探すが、指が滑ってうまく紙をめくることが出来ない。

先生が軽蔑したようにこちらを見ている。

僕は後ろの席の友人に「さっきの何ページだっけ」
と小声で聞いた。
すると友人は「知らないよ。自分で探せば?」と冷たく言い放った。

僕は仕方なく辞書の最初からページをめくっていった。

先生や皆の冷たい視線が突き刺さった。

そうこうしているうちに授業が終りに近づいてきた。
先生は「それではさっきの答えを紙に書いて提出してください」といった。
他の生徒はひとり残らず答えを書いて提出した。

僕だけはその答えがわからずに、まだ辞書のページを必死にめくっていた。

授業が終り、先生が帰ってしまった。
すると友人の女性が僕のところに来て「このページだよ」と教えてくれた。
僕はそのページに気がつかずに、何度も通り過ぎていた。

悔しくて泣きたくなった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-24 05:30 | 昨夜見た夢
<< S・スピルバーグ監督作品「ミュ... いんちき派遣会社のマネージャー... >>