2005年 12月 02日 ( 2 )

「マグノリア」生きるのに不器用な人々の物語

マグノリア コレクターズ・エディション
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★


はじめて観た後、しばらく頭から離れなかった映画。
この物語にスマートなヒーロー、ヒロインは一人も出てこない。皆、もがき、溺れそうになりながら、必死に人生の海を泳いでいる人たち。それでも全ての登場人物を愛さずにはいられない気持ちになる。特に警官のジムとクローディア。僕はこのふたりに本当に幸せになってもらいたい。
クローディアを演じるメローラ・ウォルターズは薄幸の女性を演じさせると右に出るものがいない名優である。しかも自分の知り合いの女性にあまりにもそっくりなので(人生に苦しんでいる所まで)、他人に思えない。ま、これは蛇足でした・・・。

「みんなのシネマレビュー」
IMDb

f0011272_13561677.jpg

[PR]
by waldo_pepper | 2005-12-02 13:59 | ライフログ

高校時代の友人と会いました

高校時代の友人と落ち合うことになった。
10年振りくらいだろうか。
家で待っていると、YとNがやってきた。
当時と全く変わっていない。
変わっているとすれば二人とも結婚して子持ちだということだ。

Nが何か言いたそうにしている。
「どうしたんだよ」と聞くと、Yが、「そうか、今日お前の誕生日か」と言った。
「そうだったか。おめでとう」と俺は笑った。
するとNは「うん、60歳になった」と言った。
俺は驚いて「もうそんなトシになったのか・・・じゃあ会社も定年だな。ご苦労さん」とねぎらった。
しかし、よく考えてみると、彼が60歳ということは、自分もそうだ。
自分はまだ40歳のはずなのに。

Yの実家の近くまで来た。
彼の実家は地元の旧家で、広い敷地がある。
その中の集会所らしきところに、近所の人たちが集まっていた。
この中にYの奥さんもいるはずだ。
僕は挨拶をしようと思ったが、結婚式以来会っていないので、誰が奥さんだかわからない。

Yに話し掛けている女性がいるので、奥さんかと思い、挨拶をした。
しかし嫌に老けていると思ったら、Yの母親だった。
[PR]
by waldo_pepper | 2005-12-02 03:31 | 昨夜見た夢