「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ニュース( 8 )

ポール・ジアマッティ主演でSF作家フィリップ・K・ディックの人生を映画化?

「ブレードランナー」の原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」他の著作で知られるSF作家P・K・ディックの伝記映画が製作される模様。
リンク先には波乱の人生とあるが、そうだったのか。知らんかった。
主演はポール・ジアマッティが候補に上がっているらしいが、彼は「アメリカン・スプレンダー」でも変人漫画家を演じているな。彼はなかなか曲者の役者だ。

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-08-11 15:22 | ニュース

思考するだけでロボットを動かす技術をHONDAが開発!

 人が体を動かす脳活動パターンを解読し、脳の指令通りにロボットを動かす技術を開発した
と、本田技研工業の子会社と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が24日発表した。
脳に電極を埋め込んだり、特殊な訓練をすることなく、自然な脳活動を解読してロボットを操作
する技術は世界で初めて。
 体が不自由な人の動作を代行するロボットや、パソコンのキーボードを代わりに打つロボット
などの開発につなげたいという。

 研究チームは、機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で脳の血流変化を測定し、脳のどの
部分が活動しているかを調べた。そのデータがどんな動作を表すかを解析して、脳の指令通り
にロボットを動かす。
 じゃんけんのグー、チョキ、パーを交互に出し続ける実験では、85%の正答率でロボットの
手を動かすことができた。

 現状では、血流変化の測定などに時間がかかるため、ロボットの動きが約7秒遅れる。また、
人が装置の中で横になる必要がある。このため、頭に着けて瞬時に測定できる装置の研究も
始めたという。

 両社は「人と機械をつなぐ、まったく新しい技術」と位置づけており、「ホンダ・リサーチ・
インスティチュート・ジャパン」の川鍋智彦社長は「5~10年以内にロボット『ASIMO』を以心
伝心で動かすのが目標。脳活動の解析は、車の安全技術にも生かせる」と話す。

 一方、脳活動という「個人情報」を刻々と解析できる技術の開発には倫理上の懸念もある。
川人光男ATR脳情報研究所長は「こうした技術は軍事利用もできる。社会のルール作りが
不可欠で、議論の場となる研究会を発足させた」と説明している。

引用元

常々思っているのだが、ここ数年、SFの世界を現実が追い越し始めた。
それは科学技術面でも、自然環境の破壊の面でもだが。

この技術のキモは、「電極を埋め込んだり、特殊な訓練がいらない」ということ。
思考をロボットの動きに反映するというのはSFではよくあるネタだが、電極を差し込むというディティールはもはや古い発想になってしまった。マトリックスなんてそうだが。
あと10~20年でロボット技術が進歩して、世の中が物凄く変わる気がする。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-07-25 19:07 | ニュース

小泉総理がサミットでダジャレ連発

 【ニューヨーク=長戸雅子】小泉純一郎首相がロシアのサンクトペテルブルクで開かれた主要国首脳会合(サミット)で「熊」(Bear)に端を発した「ジョーク」を英語で連発し、各首脳の笑いを誘っていたことが分かった。24日発売の米誌ニューズウィークが伝えた。
 同誌によると、16日に行われたサミットの夕食会で、ドイツのメルケル首相が珍種の野生の熊(英語でベア)がドイツ国内で最近撃ち殺された話を始めた。夕食会場の外では緑色のバレエの衣装(チュチュ)を身につけた熊の着ぐるみがダンスのパフォーマンスを行っており、この姿を見て熊の話を始めたようだ。
 しかし、この話が小泉首相を触発したようで、「テディベア」(熊のぬいぐるみ)と突然言い出し、「われわれは批判をベア(耐える)しなければならない」「アンベアラブル(耐えられない)」と「立て板に水のように」(同誌)ベアのつく言葉を並べた。首脳らはくすくす笑っていたという。
 夕食会ではブッシュ米大統領が「小泉首相はウオツカを飲むと英語がぺらぺらになる」とからかう場面もあり、ウオツカが効きすぎた可能性もあるようだ。

引用元


(;`・ω・´)・・・
俺は英語がわからないので何ともいえないが、この人は英語でシャレが言えるほど堪能なのか。掲示板巡ったところでは、ただのダジャレではないちゃんとしたジョークらしい。だとしたらすごい。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-07-24 18:43 | ニュース

日系人俳優マコ・イワマツ氏死去

米映画・演劇界で活躍し、アカデミー賞やトニー賞にノミネートされた日系人俳優マコ・イワマツさん(本名・岩松信=いわまつ・まこと)が21日、食道がんのためロサンゼルス郊外の自宅で死去した。72歳だった。

引用元

マコ氏は1933年(昭和8年)神戸出身。15歳の時単身渡米して俳優となる。
「砲艦サンパブロ」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされる。
最近観たのは「SAYURI」の主人公さゆりの父親役、その他、昨年は日本のスペシャルドラマにも出演していた。
ご冥福をお祈りいたします。

IMDb

追記

ハリウッドではアジア系俳優と「イースト・ウエスト・プレーヤーズ(東西劇団)」を結成し、白人の紋切り型のアジア人像を打ち破るための活動を続けた。

引用元
EastWestPlayers
[PR]
by waldo_pepper | 2006-07-24 14:30 | ニュース

次の南海地震は巨大型か 地層に500年周期の跡

 四国沖を震源にした南海地震は3回に1回、大きな津波を伴う巨大型が起きているとの研究結果を岡村真(おかむら・まこと)高知大教授らがまとめた。巨大型の周期は約500年という。20日に東京大地震研究所で開かれるシンポジウムで発表する。
 南海地震の周期は100―150年とされ、政府の地震調査委員会は今後30年以内に発生する確率を50%としている。岡村教授は「直近の2回は比較的小規模だったので、次は巨大型の可能性が高い」としている。
 岡村教授らは、2004年秋から大分県佐伯市にある龍神池でボーリングし、約3500年にわたって堆積(たいせき)した地層に、津波でできた7つの砂層があるのを確認した。
 年代測定の結果、うち3つは、1707年に東海、東南海と同時に起き2万人以上が死亡したとされる宝永地震と、1361年、684年の地震と時期が一致した。残る4つはそれよりも古く、文献に記されていない地震とみられる。

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-06-19 11:56 | ニュース

震源域「静穏化」範囲広がる=東海地震「気引き締め監視を」-判定会長

東海地震予知を目指す「地震防災対策強化地域判定会」(会長・溝上恵東大名誉教授)の委員打ち合わせ会が29日、気象庁で開かれ、想定される震源域付近の地震活動のレベルが広い範囲で低下していることが報告された。会合後の会見で溝上会長は「大きな地震の前に広範囲に静穏化することはある。一段と気を引き締めて監視に当たる必要がある」と述べた。

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-06-01 07:57 | ニュース

すい星墜落で大西洋に大津波発生と警告=仏研究家ジュリアン氏〔BW〕

*【Business Wire】「地球外の科学」などの著書もあるフランス人、エリック・ジュリアン氏が、分裂すい星で有名なシュワスマン・ワハマン第3すい星の破片が5月25日ころ、中部大西洋近辺に墜落、海底火山噴火を引き起こし、その結果高さ200メートルもの津波が発生すると予言した。同氏は、米航空宇宙局(NASA)が同すい星について全く危険はないと発表したことに反論し、科学的データを挙げるとともに、米連邦緊急事態管理局(FEMA)も5月23―25日にかけて津波警報演習を行う予定があることや、ノストラダムスやマザー・シップトンなどの預言者、聖書の記述などもすべてこの時期を示唆しているとしている。
 【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-05-22 15:08 | ニュース

四国沖プレートに大きなひずみ

 マグニチュード8クラスの地震発生が予想される四国から紀伊半島にかけての南海地震で、想定震源域にある四国沖のプレート境界に大きなひずみエネルギーがたまっていることが、京都大学防災研究所の小林知勝研究員らの分析でわかった。

 千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で14日、発表した。

 南海地震は、西日本南東沖の海底を構成するフィリピン海プレート(岩板)が北西に進み、日本列島が乗った陸側のプレートの下にもぐり込むことが発生の原因。その際、両者が強くくっついた「固着域」にひずみエネルギーが蓄えられ、それが限界に達すると陸のプレートが跳ね上がって大きな揺れが発生する。

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-05-17 04:01 | ニュース