「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

S・スピルバーグ監督作品「ミュンヘン」

先週仕事の合間に観に行ってきた。

ミュンヘンオリンピックのテロ事件、小さい頃だったがボンヤリ覚えている。

しかし映画はその事件そのものよりも、その後に起こるモサドの復讐とメンバーの苦悩を描いている。
今も血の報復合戦が続いているパレスチナだが、主人公のアブナーは組織(国)の命令に従ってターゲットを消していくうちに、その連鎖の中に巻き込まれてしまう。
しかしこれが実話だというのだから・・・。
日本の首相が拉致実行犯を「消して来い」なんて部下に命令を下したりするだろうか。
日本にはそのような組織自体がないけど。

アブナーはターゲットを追う身から終われる身となり、やがて「報復からは何も生まれない」ということを悟る。
しかし彼ひとりがそういうことに気がついても、もう大きな流れは止めようがないし、その時代から30年以上立った今でも、暴力の応酬は続いているわけだ。
ラストシーンでその絶望感をスピルバーグも現している(と思う)のだが、とても気の重くなる映画だった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-26 23:09 | 映画の感想

自分だけが授業で落第しました

今朝観た夢

漢文の授業で先生に指名された。
質問の答えがわからずに戸惑っていると、先生は漢和辞典のあるページを教えてくれた。
「ここに書いてある一文が答えです。読んでみなさい」

僕はそのページを開いて途中まで読んだ。
が、その時風が吹いてきてページがめくれてしまった。
僕はさっきのページを開こうとしたが、見つからない。
焦って探すが、指が滑ってうまく紙をめくることが出来ない。

先生が軽蔑したようにこちらを見ている。

僕は後ろの席の友人に「さっきの何ページだっけ」
と小声で聞いた。
すると友人は「知らないよ。自分で探せば?」と冷たく言い放った。

僕は仕方なく辞書の最初からページをめくっていった。

先生や皆の冷たい視線が突き刺さった。

そうこうしているうちに授業が終りに近づいてきた。
先生は「それではさっきの答えを紙に書いて提出してください」といった。
他の生徒はひとり残らず答えを書いて提出した。

僕だけはその答えがわからずに、まだ辞書のページを必死にめくっていた。

授業が終り、先生が帰ってしまった。
すると友人の女性が僕のところに来て「このページだよ」と教えてくれた。
僕はそのページに気がつかずに、何度も通り過ぎていた。

悔しくて泣きたくなった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-24 05:30 | 昨夜見た夢

いんちき派遣会社のマネージャーを怒鳴りつける

さっき観た夢

怪しげな派遣会社に登録した。
まずはアルバイトということで派遣会社の担当の車に同乗して大阪まで行き、そこで荷物と人をを降ろして、車だけ東京にもって帰るという仕事を任された。

無事に大阪まで着き、荷物と人を降ろして東京まで戻ってきた。
派遣会社のオフィスにくると、女性マネージャーが「ご苦労様」といって帰ろうとした。
彼女は派手なミンクのコートを着ていて、メガネをかけているが、よく見ると「未来少年コナン」に出てきたオーロの妹そっくりだった。

僕は「すいません、ギャラなんですが、いつもらえますか」と話し掛けた。
すると女性は「ギャラ?あら、何のことかしら」ととぼけた。
「いや、仕事が終わったんでギャラいただきたいんですけど」
「あなたガイダンス聞いてなかったの?ギャラを払うなんて一言も言ってないわよ」
女はそう言い放つとさっさとオフィスを出て行った。
どうやら最初のガイダンスで、言質をとられないようなあいまいな表現でギャラは支払わないという紛らわしい説明をしていたようなのだ。

僕は女の後姿に向かって「このうそつき!いんちき野郎!おまえなんか人間の屑だ!」と言葉の限り罵倒した。
すると女はきびすを返してこっちに走ってきた。
おお、勝負する気なのかと身構えていると、女は僕のところまで来て胸倉を掴み「私はうそつきじゃないわよ!」涙目になって抗議した。
どうやらうそつき呼ばわりしたことが彼女の心の傷を刺激したらしい。
僕はそれでもひるまずに言った。
「うそつきじゃないか!それは裁判に出たってこっちが負けるだろうが、だからといってお前が正しいと決まったわけじゃないんだぞ!そんなインチキ商売して恥かしいと思え!・・・云々」

と怒鳴りつけているうちに、僕は何故か彼女のことが好きになってきてしまった。


何なんだこの夢はー!
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-18 04:20 | 昨夜見た夢

古い友人のT君がTVタレントに!

昨夜見た夢

最初に入った会社の同期、Tくんが「サラリーマンの星」としてタレントデビューしたらしい。
T君は確かに個性的なキャラクターで、ちょっと杉村太蔵議員に似ているところがある。
彼とは会社を辞めて以来10年も会っていなかったので、その話を聞いて僕はびっくりした。
TVをつけると、なんとT君が映っていた。
何かの対談番組らしい。しかもなんと相手は北野武なのだ。

どうやら居酒屋風セットで酒を酌み交わしながら放談をするという趣旨の番組らしい。
しかし、T君はすっかり酒に飲まれてしまい、ぐでんぐでんになってテーブルに突っ伏していた。
それを北野武がT君のネクタイを持って彼のほっぺたにピシッピシッと叩きつけていた。

彼は酒癖が悪く、飲むとかならず愚痴っぽくなって人に絡み、最後は寝てしまうのだ。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-12 19:12 | 昨夜見た夢

バトン

oseoserockさんからバトンがまわってきましたので、早速やらせていただきますね。

Q1:最近注目してる映画

「ミュンヘン」・・・スピルバーグ作品なので無条件で観に行きますよ
「フライトプラン」・・・J・フォスター好きなんだけどあまり評判良くないので観に行くか悩み中
「クラッシュ」・・・アカデミー賞有力候補らしいので。「マグノリア」に似てるような気がする。群像劇らしい。
「FLAGS OF OUR FATHERS」・・・C・イーストウッドのWW2硫黄島決戦の映画。日本側から描いたもう一本も作るらしいけど、必見。

Q2:最近買って重宝してるもの

TVチューナー付キャプチャーボード

Q3: 3人に回すキーワード


   Q1を、「お勧めの店・・・なんならお勧めメニュー!!」 

   Q2を、「最近読んだおもしろかった本」

おおっとここまで書いてこの趣旨がわかりました・・・・。
でも書いちゃったからこのまま書き足しにさせてね・・・

お勧めの店・・・リーマンやめてフリーになってからすっかり出掛けなくなってしまったので、お勧めの店が思いつかない_| ̄|○
じゃあ白金にある「丸金ラーメン」ね。それから下北沢にある焼肉「牛鉄」。
B級グルメですいません・・・。

最近読んだおもしろかった本・・・吉田満著「戦艦大和ノ最期」
最近本を読んでないです。

Q4: 渡してくれた人へのメッセージ

ご指名ありがとうございます。なんかうれしいね。でもこんなんでよろしいでしょうか。

Q5: バトンを回す方(3人)

渡す人・・・うーん、じゃあ、特に誰と指名しないので、もしこのブログ見ていて、気が向いたら。
どなたでも。

ちょっと改変していいですか。
次の人への質問

Q1:最近注目してる映画
Q2:最近買って重宝してるもの
Q3:最近買って損したもの
Q4:最近良く行くHP教えてください
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-09 05:27 | 写真と動画日記

「チャーリーとチョコレート工場」

監督のティム・バートンが来日した時、庵野秀明と対談していて、ティムは「キューティー・ハニー」を褒めていた。
しかし本心だったのだろうか、と思うほどこの作品の完成度は高い。
ティムは「キューティー~」を観て口あんぐりだったのではないか。
それはもう予算の違いとか製作環境云々で言い訳できるレベルを超えているほどの差が開いている。
ちょっと難を言えばウィリー・ウォンカのトラウマと、選ばれた人々が次々に消えていく描写が若干弱かったような気がするが、それも重箱の隅を突けばという話。
映画を構成するあらゆる要素がどれも非常に高い次元でまとまっていて感心するばかりだった。

☆注目の俳優

ディープ・ロイ・・・ウンバ・ルンバ役
おそらく撮影は死ぬほど大変だっただろう、ウンバ・ルンバ一族全員をひとりでこなした。きっとうんざりしていたんじゃないだろうか。しかしもう二度と彼の顔を忘れることはないと思わせるほど強烈に印象に残った。

ミッシー・パイル・・・ボーレカード夫人役
彼女はコメディ俳優だと思うが、最初に観たのは「ギャラクシー・クエスト」の宇宙人役。
今回もあくの強い教育ママ役がぴったりはまっていた。

IMDb
日本公開版公式
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-06 20:06 | 映画の感想

「フォーガットン」

今日レンタルしてきた映画。
全く何の予備知識無しに観たら結構面白かった。
と思ってあちこちの掲示板を見てみたらこれが酷評の嵐。
そんなにつまらなかったかなあ。
黒幕が「アレ」だと何でもありになってしまうという指摘はもっともだが、元々SFが好きな自分にとってはそれほど違和感無かった。
ハヤカワSF文庫のちょっとした短編SFを読んでいる気分だった。
サイコサスペンスを期待していると裏切られるだろうとは思う。

IMDb
日本公開版公式
f0011272_11551076.jpg

[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-04 22:44 | 映画の感想

過去へタイムトリップ

今朝観た夢

友人数人と一緒に1970年代にタイムトリップした。
街を歩いていると、スモッグが酷く、人々のファッションもいかにも70年代だ。
もう現代には戻れそうに無いので、このままこの時代で生きていくしかない。
まだこの時代はパソコンもウォークマンもないので、音楽が気軽に聴けないのが辛い。

と、通りに来日中のイーグルスの面々がいることに気がついた。
僕らは喜んで彼らにかけより、イーグルスの持ち歌を演奏して見せた。
「この曲を買わないか」と持ちかけたのだ。
ところが、その曲は既にイーグルスが発表済みの曲で、メンバーのジョー・ウォルシュは呆れて手を振った。
僕らは間違いに気がついて、慌てて未発表のはずの曲を演奏して見せた。
すると彼らはたいそう驚いて、お前たちは何者だといってきた。
おそらく彼らの頭の中にぼんやりと構想はあった段階なのだろう。

話がとんとん拍子に進み、僕らはイーグルス付きの作曲スタッフとしてツアーに同行することになった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-04 11:47 | 昨夜見た夢

暗いトンネルとトロッコ

昨夜観た夢

長い夢だったのだが断片しか思い出せない。

幅1m、高さ2mくらいの細くて暗い地下道を歩いている。天井は円形にえぐられている。
時々横穴があって覗くと、飲食店の裏口のようになっている。
壊れた蛍光灯がチラチラしていたり、非常口を示す灯りだけで、ぼんやりとしている。
そして、食べ物の腐ったような匂いがする。
すると、後ろからゴトゴトと音を立てながらトロッコが走ってきた。
トロッコというか、トンネルの形に合わせた楕円形の金属の列車だ。
避ける場所も無いので、僕は必死に逃げた。
このトロッコはどうやら横穴の先にある店に物資を届けているようだった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-03 08:22 | 昨夜見た夢

がいこつ海岸

さっきNHKのハイビジョン特集「光と影と風の大地~アフリカ・骸骨(がいこつ)海岸」をやっていた。
アフリカ西海岸の1000キロ以上に渡る砂漠と海岸地帯のことだそうで、過酷な自然環境のため、昔から船がよく難破したそう。
Google Eearthでみてみると、首都だけは高解像度の衛星写真があって、はるか最果てのアフリカ西海岸でもさすがは首都だけあってハイウェイもちゃんと見えた。
その周辺をウロウロしていると、sao tomeという妙な名前の島を発見。
検索してみたらサントメ・プリンシペという小国であった。
もう僕の人生とはまったく縁もゆかりも無い異星のような西アフリカの更に沖合いの大西洋の小さな島だ。
でもそこには人々が日々を送っていてそれぞれの人生がある。あたりまえなんだけど、不思議だ。
まあ向こうからしたら日本なんて異次元の世界かもしれないけど。
Google Earthをやっていると地球上のどんな場所にも人間がいて営みがあるということをしみじみと感じる。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-02-02 04:30 | TV番組の感想