<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

桜満開

ほぼ満開になった近所の桜
相変わらずの汚い携帯カメラから・・・
f0011272_126556.jpg

[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-31 12:07 | 写真と動画日記

感じの悪いフランス人

窓からボンヤリ外を眺めていたら、近所のマダムの運転する大型バス並の巨大なキャンピングカーが風にあおられて横転したのを目撃した。

中にはご婦人の娘と母親が乗っているようだ。

ガシャーンという大きな音を聞きつけて、近所の人々が集まってきた。

みると父と義兄もキャンピングカーの前に駆けつけている。

父はサンルーフのガラスをガンガンと叩き割って、助け出そうとしている。

父は「早く助け出さないと火が点くぞ!」と叫んでいる。

すると車の主のフランス人が走ってきた。

彼は割れたガラスから車の中に入ると、中の婦人や娘達を差し置いて、現金の束を外に放り投げ始めた。

どうやら車内に現金を沢山おいてあるらしい。

近所の悪ガキたちが先を争って札束に群がっている。

ところがその札は日本円でなく、フラン紙幣らしい。

フランス人は「ヘイ!ヘイ!」と群がる悪ガキたちをしかりつけた。

悪ガキたちは持ち逃げできないと悟ると、渋々フランス人に札束を返した。

するとフランス人は「You! and You! Thanks」となぜか英語で礼を言いながら悪ガキたちにフラン紙幣を少しずつ分け与えていた。

僕は家族の心配より金の心配かとちょっといやな気持ちになった。


※はい、これ今朝見た夢です・・・。
リュック・ベッソンとジャン・レノが実は日本で我侭放題で評判が悪いという記事を読んだからだな。きっと。

そういえばとっくにユーロになってるんだった・・・でも夢の中ではフラン言うてたからな。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-27 20:23 | 昨夜見た夢

近所の桜が少し咲き始めた。

しかし自分のボロ携帯だと綺麗に撮れないな・・・

f0011272_12524651.jpg

[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-25 12:53 | 写真と動画日記

また会社をサボってしまった

今朝見た夢

新しい会社に就職した。

配属された部署のボスは現場叩き上げの人だ。

ボスは若い頃にしていたリーゼントをそのままにしていて、年とった分白髪が混じっている。
彼はぎょろっとした目で新人達を見回すと言った。
「アイデアなんてここに色々転がってるだろう。そこから自分で仕事を生み出すんだよ」

といっても僕ら新人は部署の掃除からはじめる。
そこは高校時代に居た弓道場で、倉庫は要らないもので散らかっていた。

前の会社にいたS君も一緒の部署なのだが、彼は早速新規の仕事を受注してきた。
彼は「これから皆を忙しくするよ」と張り切っている。
何か子供向け番組のレギュラーの仕事で、あらたにつくるCGが沢山あるらしい。
しかし僕はあまり気乗りがしなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近僕は会社をサボることが多くなってしまった。

未だに仕事らしい仕事がなく、会社にいても手持ち無沙汰なのだ。
その上、同僚達とも馴染めなかった。

皆も僕のことをあまり良く思っていないようだ。

朝、始発駅から電車に乗ったのだが、発車寸前になって僕は電車を降りてしまった。
ラッシュでごった返す人の波に逆らって改札を出ると、ひとりとぼとぼと公園に向かった。

時計を見ると11時を過ぎている。
会社には連絡をしていない。
おそらく誰も僕がいないことに気がついていないだろう。
このまま連絡をせずに消えることにしよう。


※つまらない夢をみてしまった・・・
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-18 06:09 | 昨夜見た夢

超高層ビルより

超高層ビルの102階にあるオフィスの、巨大な窓ガラスを手前に引っ張ると僕と数人の仲間はそこから次々に空に向かって飛び出した。
ビュービューと風を切る音が聞こえて、地上がぐんぐん迫ってくる。
ころあいをみて、紐を引っ張ると、パラシュートが開いた。

地上に無事降り立ってみたが、そこは摩天楼の底ではなくて、何処か米国の田舎だった。
僕達は道行く人に注目されるのかとちょっと期待していたのだが、だれも見向きもしなかった。

ちょっとがっかりしてまたビルに戻ると、また102階に登った。
もう一度飛ぼうというのだ。

ところがいざ飛ぼうとすると急に恐怖心が湧いてきて足がすくんでしまう。
怯えている僕を尻目に、仲間のひとりの女性は意気揚揚と空に飛び出していった。

するとビルの管理人が飛び込んできて言った。
「また誰か飛んだのか」
そう、もちろんビルからパラシュートで飛ぶなど、違法なことなのだ。

きっと彼女は地上で逮捕されるのだろうが、僕は彼女の勇気に嫉妬し、自分のふがいなさを心底情けなく思っていた。

オフィスには女優の藤田弓子が居た。
僕は彼女に「もし女優にならなかったらどんな人生を送っていると思いますか」
と聞いて見た。
すると彼女は「別の人生なんてありません。私は生まれ変わっても女優です」とキッパリと言った。

彼女の前向きな姿勢をみて、やはり芸能界で生き残っていくためには是だけの意志の強さが必要なのかと思った。
それに引き換え自分は足がすくんで飛び出すことが出来ないでいる。



※ハワイで一度だけスカイダイビングをしたことがある。もう一度やりたいかと聞かれれば、ちょっと考えてしまうなぁ。しかし意味深な夢だった・・・
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-17 06:27 | 昨夜見た夢

またしてもまたしても

落第する夢を見た。
今年3回目か4回目。

詳細は忘れてしまったが、大切な試験の日にレンタルビデオを滞納していたことに気付き、返しに行った為に遅刻して落第した。

その夢の中の学校では会社員時代を含む今までの知り合いが皆いて、しかも苦手な人ばかりだった。

どうやら仕事や将来に対して不安が高まってくると見るらしい。

目が覚めてホッとした。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-13 13:37 | 昨夜見た夢

ちゅらさん4製作決定!!

「連続テレビ小説、パート2・パート3につづいて、パート4となる、「ちゅらさん 4」(前・後編)を、好評に応えて制作・放送することが決まりました。この秋にクランクインし、放送は冬を予定しています。詳細は、あらためて発表いたします」
NHK



ばんざーい!!ばんざーい!
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-10 20:05

新宿にて

ここは新宿伊勢丹前の通りをずっと東側に行ったあたり。
四つ角にスターバックスコーヒーがあった(実際にあるかどうか知らないけど)
会社行きがけに立ち寄った僕は騒々しい声にに何事かと外に出てみた。

すると2台の50年代風の米国製オープンカーが横並びに止めてあり、大柄なGIカットの白人男性が箱乗りになって騒いでいた。
カーオーディオからは何かの音楽が大音量で流れていた。

手前にはMP風の制服を来た米兵がいて、車のナンバーを覗き込んで書類に何か書き込んでいる。
そのMPに向かって男たちは大声で罵倒し抗議しているようだった。
きっと何かのトラブルを起こしたのだろう。

通行する日本人は眉をしかめながら足早に通り過ぎていく。

僕も男たちと目をあわさないようにその場をそそくさと離れた。

しかしあんなに大騒ぎしているのになんで日本の警察は出てこないのだ。
僕は段々腹立たしく思いはじめた。

彼らの目に付かない所まで来ると、携帯を取り出して警察に電話しようとした。
まず、場所を教えなくては。
何か目印を・・と思い、あたりを見回したが、目印になりそうなものが無い。
かといってここの番地もわからない。

信号機の下に交差点の名前が書いてあった。
僕は110番にかけ、言った。
「あのね、さっき路上で米兵らしき男たちが道に違法駐車して大騒ぎしてましたよ。場所はね・・」
目を凝らして信号機の看板を見るが、霞んでよく見えない。
「場所はね・・・」
漢字の下のローマ字を読もうとしたが、それもとても発音できるような並びではない。
「場所は、新宿の伊勢丹の通りあるでしょ、そこからずっと離れた所。えっ?どっち方面?んー、どっちかな。西、いや東かな」

僕は一旦電話を切ると、さっきの現場まで戻ってみることにした。
スターバックスの店名を言えばわかるだろう。

店の近くまで来ると、人々がクモの子を散らすように反対方向に走っている。
「逃げろ逃げろ!暴動が起きた!」知らない男がそう叫びながら走り去った。

よく見ると、通りの先に棍棒を持った男たちがこちらに向かってくるのが見えた。
それも道一杯に広がっていて相当の人数だ。

しかもまわりにいる一般人が次々に暴動に加わっているようだ。

僕は反対方向に走り出した。人のいないところに行こうと大通りから細い道に入った。
するとそこにも暴徒が次々に現われ、集団で逃げ送れた人に襲い掛かっている。

恐怖で足がガクガク震えだした。
もう警察どころではない。

僕は目の前の電信柱を攀じ登ると、そばの古い工場らしき建物の屋根に飛び乗った。
屋根を伝ってよたよたと走っていると、暴徒が僕を見つけ、次々に屋根に攀じ登ってきた。

もうおしまいだ・・・



※なんか最悪の夢だ。最近ほんとろくな夢見ないなあ・・・
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-09 10:36 | 昨夜見た夢

ボンバルディア機でハワイ旅行

今朝見た夢

最近故障でよく話題に上るボンバルディア社製の旅客機に乗って旅行することになった。
小ぶりな機内は左右2座席ずつしか座れない。
窓がわに座っていると旅客機は離陸した。

暫く乗っていると外国人のフライトアテンダントがこれから着陸するので酸素マスクをつけろという。
すると天井のフタが開いてごつい防毒マスクのようなものが降りてきた。
使い方がわからずにまごついていると、いよいよ着陸体制に入った。

窓の外を見ると砂漠のように茶色い地面がどんどん近づいている。
僕はあわててマスクの口の部分に吸い付いて空気を吸おうとした。

ゴゴゴゴと振動が起きて、飛行機は着陸した。
まわりは一面砂漠のように草一本は得ていない荒野なのだが、ここはハワイなのだという。

飛行機から降り立ってみると、なるほど星条旗をかかげたアメ車が砂煙を上げて走り回っていた。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-08 18:58 | 昨夜見た夢

東京とNYで恐ろしいことが・・・

今朝見た夢

東京とNYで爆弾テロが起きた。
しかも子供を騙して爆弾を持たせるという卑怯な方法で。
僕は東京にいて、爆弾を背負わされた子供が建物(学校の体育館か?)に入ってくるのを見た。
しかしそれを知っているのは自分だけ。
とっさに物陰に身を隠した直後に大爆発が起き、建物の屋根が吹き飛んだ。

NYではゲイのカップルに、これも偽って爆弾を持たせて爆発させた。
片方は生き残り、事情聴取を受けている。
それを僕はテレビで見ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母が「今度から毎日仏壇にお線香を上げなさい」と言ってきた。
僕は面倒なので言い訳を考えた。
「俺は無神論者なんだよ。だから線香を上げるのはポリシーに反する」
すると母は「わかりました。では祈らなくていいから、形だけ線香を上げて」
といった。
僕は仕方がないので仏間に行き、仏壇のろうそくに火を灯そうとした。
ところが風が強く、どうしても火が消えてしまう。
大きなバーナーを持ってきて、ろうそくに炎を浴びせ掛けると、ろうそくが溶けてなくなってしまった。
[PR]
by waldo_pepper | 2006-03-07 06:25 | 昨夜見た夢