すい星墜落で大西洋に大津波発生と警告=仏研究家ジュリアン氏〔BW〕

*【Business Wire】「地球外の科学」などの著書もあるフランス人、エリック・ジュリアン氏が、分裂すい星で有名なシュワスマン・ワハマン第3すい星の破片が5月25日ころ、中部大西洋近辺に墜落、海底火山噴火を引き起こし、その結果高さ200メートルもの津波が発生すると予言した。同氏は、米航空宇宙局(NASA)が同すい星について全く危険はないと発表したことに反論し、科学的データを挙げるとともに、米連邦緊急事態管理局(FEMA)も5月23―25日にかけて津波警報演習を行う予定があることや、ノストラダムスやマザー・シップトンなどの預言者、聖書の記述などもすべてこの時期を示唆しているとしている。
 【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 

引用元
[PR]
by waldo_pepper | 2006-05-22 15:08 | ニュース
<< 「明日の記憶」 渡辺謙 四国沖プレートに大きなひずみ >>