「THE 有頂天ホテル」

さっきレイトショーで観てきました。
最近邦画はいい作品が多くなってきて嬉しい限り。
観終わった後幸せな気持ちになれる暖かい映画ですね。
落ち込んでいるときに観るのもいい。
今ひとりで仕事をしているので人と関わりあうことが少ない(殆ど無い)。
この映画の人々は皆人との関わりの中で生きていて、その中で悩んだり苦しんだり喜んだりしている。
これが本当の人生なのかもしれないと、思ってしまいました。

レビューを「みんなのシネマレビュー」に投稿しています。
公式サイト
[PR]
by waldo_pepper | 2006-01-18 00:42 | 映画の感想
<< 落下傘部隊の隊員になりました 「ヒトラー最期の12日間」 >>