2006年 09月 20日 ( 1 )

「結婚できない男」最終回

関西テレビ製作のドラマ「結婚できない男」が最終回を迎えた。
だいたいTVドラマは粗製濫造しているものが多い(という偏見)があるのですすんで観ないのだが、今回は欠かさず観てしまった。
そして久しぶりに素直に面白いと思わせる作品だった。
しかしこれだけ惹きつけるものがあるのは登場人物の気持ちに嘘がないというところか。
男の気持ちも女の気持ちもリアルで、作り物にありがちな空虚な所が無い。
だから誰もが画面の向こうに本当に存在しているように感じる。
そし細部に張った伏線もしっかりまとめる巧みな脚本と小道具に至るまで神経の行き届いた演出。
誰ひとりミスキャストが無いと思える芸達者な役者。
国仲涼子は回が進むに連れてどんどん役柄に入り込んでいった感じだ。
なかでも夏川結衣が素晴らしかった。彼女はこのドラマを観るまで知らなかった。
何かほとんど隙の無いドラマだった。
掲示板を見ると、早くもスペシャル版や続編を望む声があるが、僕はこのまま終わってもいいんじゃないかと思う。
そうのほうが潔いし、その後のふたりの人生を視聴者がそれぞれ胸に抱いておくというのもいいのではないか。
まあ、高視聴率だったから、何かしら有るだろうが、続編となるとTV局の商売根性が見え隠れしてくるのでいやなんだよな
[PR]
by waldo_pepper | 2006-09-20 08:08 | TV番組の感想